地球温暖化は本当か?     

e0047304_12574790.jpg
地球温暖化は本当か? かねて思っていたことではあるが、地球温暖化と騒いでいるが、本当にその根拠を確かめた人、あるいは、その事を何らかの原本で見た人はいるのだろうか?と言うことである。殆どが孫引きで、それを受け売りして、大騒ぎをしているのだ。そのことがしっかりした根拠で書かれいる『本当の本』である。

非常に広い範囲の具体的情報から、冷静に科学的な結論が、そう簡単に温暖化などとはとても言えないと論じている。そのごく一部を紹介する。

1.地球の空気層の暑さは、気球をサッカーボールの多きさとすると、紙一枚の暑さ。そして、地球全体は大きな大きな宇宙と常にエネルギーを交換してるし、特に太陽の影響は桁違いに大きい。
2.最初に地球温暖化を言い出した男はゴダード宇宙科学センターの大気学者ジェイムス・ハンセン。二酸化炭素の影響で難局の氷が解けて大変なことになると、アメリカ議会で証言して、遂に、この地球温暖化説が盛り上がってしまったと言う。

3.南極の面積は、ほぼ日本の38倍。そして、地球上の淡水の70%は南極の陸地と”棚氷”として浮いている。その氷が人工衛星の重力観測のデータから、少しずつ解けていると言う報告をコロラド大学女性科学者イサベラ・ヴェリコーニャが発表した。そのデータを元に、地球を細かくますの目に分けてコンピューターでシムレーションして、温暖化の予測をした。その予測の計算は、過去の地球上のデータの延長戦だから、太陽をはじめ宇宙とのエネルギー交換のデータは、入っていない。

4.2002年にNASAジェット推進研究所のイアン・ジョーギンらがカナダの人工衛星のデータから、南極の氷は現在でも毎年270億トン増えている事を確認した。そして、温暖化が進めば、その熱により南極の蒸気が増えて、南極に雪が降り、氷の量はかえって増えることになる。現在は南極には雪は殆ど降らない。

限られたデータで全体を予測する事は危険だ。と言うことをこの本は強調している。
[PR]
by alfazett | 2007-07-12 17:14


<< 世界の宗教 昆虫擬態の観察日記         >>